スポンサードリンク

放置して進行すると・・・

アルコール性脂肪肝と非アルコール性脂肪肝

飲酒を原因とするアルコール性脂肪肝の一部は”アルコール性肝炎(ASH)”へと進行します
アルコール性肝炎は肝臓に炎症が起こってしまう状態で、幹細胞が急激に壊され機能しなくなってしまったり、脂肪化が進んでいる状態で肝硬変の前段階となっています。このまま生活習慣を変えずに暴飲暴食を続けていると肝硬変や、肝がんへとつながるケースが考えられます。

肥満の増加に伴って非アルコール性脂肪肝になる人が増えています。
以前は非アルコール性脂肪肝は進行しないと言われていましたが、飲酒習慣がなくても肝炎から肝硬変、肝がんへと進行してしまうケースも存在することが明らかになってきています。つまり肥満や糖尿病を原因とする脂肪肝でもASHと同様の進行をするということでし。これを”非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)”と呼びます。日本国内でもすでに100万人近い人がすでにNASHになっていると考えられていて懸念がされています。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。